2019.3.15 05:03(1/2ページ)

逸ノ城、恐怖の5連勝!“廃校”で寝泊まり効いた/春場所

逸ノ城、恐怖の5連勝!“廃校”で寝泊まり効いた/春場所

逸ノ城(左)は阿武咲をはたき込んで5連勝。三役復帰を視野に入れる (撮影・恵守乾)

逸ノ城(左)は阿武咲をはたき込んで5連勝。三役復帰を視野に入れる (撮影・恵守乾)【拡大】

 大相撲春場所5日目(14日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)西前頭4枚目の逸ノ城(25)が阿武咲(22)をはたき込んで5連勝。今年から大阪の宿舎が移転。環境が変わって快進撃だ。大関昇進を目指す関脇貴景勝(22)は、1月の初場所を制した関脇玉鷲(34)に押し出されて2敗目を喫した。横綱、大関陣は2日続けて安泰。横綱白鵬(34)は平幕妙義龍(32)を突き落とし、大関豪栄道(32)は正代(27)を押し倒してともに5戦全勝。

 肉体の壁は下がらない。左足から踏み込んだ現役関取最重量の226キロ。逸ノ城が阿武咲の当たりをその胸で受け止めた。

 「思った通りの相撲。押されたり、差させてもらえなかったりするから(土俵へ)上がる前から決めていた」

 立ち合ってすぐに右腕を相手の頭に巻きつけ、体を左へ開いてはたき込み。わずか1秒1。初日から5連勝は平成27年名古屋場所以来16場所ぶりで「体が動いている。反応もいい」。元関脇。三役復帰を視野に入れ、幕内上位で大勝ちを狙う。

【続きを読む】

  • 勝利した逸ノ城=エディオンアリーナ大阪(撮影・恵守乾)
  • 屋根(右下)のあるところに土俵を設けた、湊部屋の宿舎。廃校になった小学校で逸ノ城も快適に生活する
  • 正代を押し倒した豪栄道=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 妙義龍を突き落とした白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 大栄翔をはたき込んだ鶴竜=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 魁聖を寄り切った栃ノ心=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 錦木を寄り切った高安=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 玉鷲に押し出された貴景勝=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 大相撲三月場所を観戦した元阪神の掛布雅之氏(右)=エディオンアリーナ大阪(恵守乾撮影)