2019.3.14 17:15

リオ五輪で銀の原沢が百五銀行入り/柔道

リオ五輪で銀の原沢が百五銀行入り/柔道

 2016年リオデジャネイロ五輪の柔道男子100キロ超級で銀メダリストの原沢久喜(26)が14日、津市内で記者会見し、新たな所属先を百五銀行に決めたと発表した。来年の東京五輪出場の期待も背負う原沢は「いろいろなサポートをしていただける。万全の状態で試合ができるということは心強い」と心境を語った。

 山口県出身の原沢は昨年4月限りで日本中央競馬会(JRA)を退社。柔道界では異例のフリーの立場で活動し、スポンサー企業を探していた。フリー期間中は金銭面などの苦労もあったそうで「不安定な気持ちだと迷いや不安が出てくる。(今は)東京五輪に向けて精いっぱいやるだけという気持ち」と話した。

 津市に本店を置く地方銀行の百五銀行からは1年ほど前から誘われており「苦しい時期があった中でオファーをしていただいた」と決断した。練習拠点は従来通り母校の日大に置き、次は4月の全日本選抜体重別選手権に出場予定。「日本柔道は重量級が金メダルから遠のいている。そこに挑戦し、勝って喜んでもらいたい」と力強かった。