2019.3.14 05:01

田中、初防衛戦へリーチの差警戒/BOX

田中、初防衛戦へリーチの差警戒/BOX

名古屋で予備検診を受ける王者・田中(撮影・臼杵孝志)

名古屋で予備検診を受ける王者・田中(撮影・臼杵孝志)【拡大】

 プロボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター・で愛ドーム)の予備検診が13日、行われた。王者の田中恒成(23)=畑中=は名古屋市内、元WBA、IBF世界ライトフライ級統一王者で同級4位の田口良一(32)=ワタナベ=は東京都内で別々に実施。ともに異常なしと診断された。

 防衛戦となる田中は、田口より9・5センチ短かったリーチについて「しっかり自分の距離をつかみたい」と警戒した。予備検診の結果で最も注目したのは身長。前回より0・7センチ低くなり、「昔からクラスで1、2番を争う低さだった。そこは気になります」と苦笑。19日には中京大の卒業式を控え、茶髪の王者は「学校から黒髪で来てほしいと言われているので、これから黒にしてきます」と余裕たっぷりだった。

  • プロボクシング・WBO世界フライ級(リミット50・8キロ)タイトルマッチ
  • 体格比較表