2019.3.13 11:19(1/3ページ)

【試合結果】大坂、4回戦敗退で連覇逃す “ヒンギスの後継者”ベンチッチにストレート負け/テニス

【試合結果】

大坂、4回戦敗退で連覇逃す “ヒンギスの後継者”ベンチッチにストレート負け/テニス

特集:
大坂なおみ
女子シングルス4回戦 ベリンダ・ベンチッチに敗れた大坂なおみ=インディアンウェルズ(AP)

女子シングルス4回戦 ベリンダ・ベンチッチに敗れた大坂なおみ=インディアンウェルズ(AP)【拡大】

 テニスBNPパリバ・オープン(12日、米カリフォルニア州インディアンウェルズ)女子シングルス4回戦で世界ランキング1位の大坂なおみ(21)=日清食品=が、同23位のベリンダ・ベンチッチ(22)=スイス=に3-6、1-6で敗れ、2連覇を逃した。

 同じ1997年生まれで元世界7位のベンチッチは、スイスで元世界1位のマルチナ・ヒンギスの後継者としてジュニア時代から頭角を現して期待された逸材。2月のドバイ選手権ではツアーで4季ぶりの復活優勝を果たしていた。

 第1セット、第1サーブの確率が上がらない大坂は、第1ゲームでいきなりブレークを許した。第5ゲームでもサービスキープできず。ラリー戦に持ち込み、第8ゲームでブレークを奪ったが、続く第9ゲームをベンチッチにブレークバックされ、このセットを落とした。

 第2セット開始前、新コーチのジャーメーン・ジェンキンス氏(34)をコートに呼び、WTAツアーでは認められている助言を求めた大坂。しかし悪い流れを断ち切れなかった。第2ゲームでジュースに持ち込まれ、ベンチッチにブレークされると、思わずコートにしゃがみこんだ。第5ゲーム終了後、再びジェンキンスを呼び寄せ、アドバイスを受けたが、続く第6ゲームで再びサービスを破られ、万事休した。

 1年前にノーシードで初優勝を果たし、大躍進の始まりとなった思い入れのある舞台。話題の事欠かない新女王は、世界1位で臨んだ今大会で、結果を残すことはできなかった。

【続きを読む】

  • 女子シングルス4回戦でベリンダ・ベンチッチにポイントを奪われ、落胆する大坂なおみ=インディアンウェルズ(共同)
  • 女子シングルス4回戦ベリンダ・ベンチッチに敗れた大坂なおみ=インディアンウェルズ(AP=共同)
  • 女子シングルス4回戦ベリンダ・ベンチッチに敗れた大坂なおみ=インディアンウェルズ(AP)
  • 女子シングルス4回戦ベリンダ・ベンチッチとの対戦でゲームを落とし、肩を落とす大坂なおみ=インディアンウェルズ(AP)
  • 女子シングルス4回戦のベリンダ・ベンチッチとの対戦で、試合中、コーチ(手前)と話す大坂なおみ=インディアンウェルズ(共同)
  • 女子シングルス4回戦でベリンダ・ベンチッチ(右)にストレートで敗れた大坂なおみ=インディアンウェルズ(共同)
  • 女子シングルス4回戦でベリンダ・ベンチッチにストレートで敗れ、引き揚げる大坂なおみ=インディアンウェルズ(共同)