2019.3.12 10:00(1/4ページ)

【サンスポ×日体大】体操女子エース、村上茉愛「変わることが出来た4年間」

【サンスポ×日体大】

体操女子エース、村上茉愛「変わることが出来た4年間」

特集:
サンスポ×日体大
これまでの体操人生の名場面を振り返る写真に囲まれた村上は笑顔を見せた (撮影・佐藤雄彦)

これまでの体操人生の名場面を振り返る写真に囲まれた村上は笑顔を見せた (撮影・佐藤雄彦)【拡大】

 2020年東京五輪開幕まで、12日で500日。出身大学別最多62人の夏季五輪メダリストを輩出している日体大とコラボレーションした長期連載の第14回は、昨年開かれた体操の世界選手権女子個人総合で日本勢初の銀メダルを獲得した村上茉愛(まい、22)を特集する。15日の卒業式を前に4年間の思いをつづった手記「変わることが出来た4年間」をサンケイスポーツに寄せた。瀬尾京子監督(46)から学んだ継続することの重要性を胸に、東京五輪での表彰台を誓った。 (取材構成・鈴木智紘)

 絶対に体操をやめようと思っていた。大学入学当初のことだ。練習や体重管理の辛さから、4年間で競技から離れたい気持ちが一番にあった。卒業の1年半後に東京五輪は訪れるけど、まだ時間は残されている。いずれは指導者になれればいい。そんなふうに考えていた。

 3歳で競技を始めた。昔から、言われたらすぐにできるタイプだった。小学6年のとき。得意の床運動でH難度の大技シリバスを、試合で初めて決めた。多少調子が悪くても本番になれば力は出た。継続することは苦手で、まるで苦労を知らなかった。

 大学に入学して間もない2015年4月27日。体操への向き合い方が変わったのは、21位と惨敗した全日本選手権決勝の翌日だった。床運動ではシリバスの着地に失敗。勝てる訳がないと、最後の2回宙返りは1回にした。投げやりな態度を叱咤(しった)してくださった瀬尾先生の言葉が、胸に突き刺さった。

 「日体大生として、日本代表を目指す選手として、恥ずかしい。あなたには、続けることが大切なんじゃないの」

【続きを読む】

  • 村上茉愛・座右の銘
  • 村上茉愛(撮影・佐藤雄彦)
  • 指導する村上茉愛について語った日体大の瀬尾京子女子監督
  • 大学4年間の成長通信簿