2019.3.9 05:05(1/2ページ)

「白覆面の魔王」ザ・デストロイヤーさん死す 4の字固めで故力道山、馬場と死闘

「白覆面の魔王」ザ・デストロイヤーさん死す 4の字固めで故力道山、馬場と死闘

「白覆面の魔王」から「お茶の間の人気者」になったデストロイヤーさん。ジャイアント馬場さんの相棒として善玉に転じ、歓声を浴びた=1972年12月(撮影・山内猛氏)

「白覆面の魔王」から「お茶の間の人気者」になったデストロイヤーさん。ジャイアント馬場さんの相棒として善玉に転じ、歓声を浴びた=1972年12月(撮影・山内猛氏)【拡大】

 覆面レスラー「ザ・デストロイヤー」として日米で活躍したリチャード・ベイヤーさんが7日(日本時間8日)、米ニューヨーク州北部バファロー郊外の自宅で死去した。88歳だった。親族がSNSで発表した。代名詞の「足4の字固め」で故力道山、ジャイアント馬場さんらと数々の名勝負を繰り広げ、プロレスブームを牽引した一方、バラエティー番組でも活躍。日本国民に広く愛された。

 日本中に熱狂と笑顔を届けた「白覆面の魔王」が、人生のテンカウントゴングを打ち鳴らした。

 「父が今日正午に亡くなりました。自宅のベッドで家族に囲まれて安らかに眠りにつきました」

 故人の長男で元プロレスラー、カート・ベイヤーさん(58)がフェイスブックで公表した。死因は明らかにしていない。数年前から足腰が弱り、歩行器を使用していたという。

 1930年生まれ。名門シラキュース大大学院で教育学の博士課程を修了したインテリで、大学時代からレスリングなどで活躍。54年にプロレスデビューし、62年に白地に赤い縁取りのマスクをかぶった覆面レスラー「ザ・デストロイヤー」に転向して人気が出た。

 レスラーとしては大柄ではなかったが、小気味よい動きと技で勝負した。相手の足を「4」の形に折りたたんで痛めつける「足4の字固め」が必殺技で、当時の子供たちがまねをした。1963年に初来日し、力道山戦のテレビ視聴率は64%をマーク。高度経済成長期にあった日本で、プロレスブームを作った。

 当時、外国人レスラーは悪役が多かった。デストロイヤーさんも当初は力道山と血まみれの死闘を演じた悪役だったが、次第にファンの心をつかみ、73年にジャイアント馬場さんが立ち上げた全日本プロレスに参戦。さらに人気を拡大した。

【続きを読む】

  • 代名詞の「足4の字固め」を力道山にかけるデストロイヤーさん。視聴率64%を記録、日本に空前のプロレスブームを巻き起こした=1963年5月
  • プロレスWWA世界選手権ザ・デストロイヤー対力道山(1963年5月24日)
  • 1993年7月、試合で足4の字固めを決める「ザ・デストロイヤー」のリチャード・ベイヤーさん(右)=東京・後楽園ホール(山内猛氏撮影)
  • 1999年4月、故ジャイアント馬場さんの「お別れの会」で献花する「ザ・デストロイヤー」のリチャード・ベイヤーさん(右端)=東京・北の丸公園の日本武道館
  • ザ・デストロイヤーさん(1963年11月撮影)
  • ポーズをとる「ザ・デストロイヤー」のリチャード・ベイヤーさん=1973年、東京都内(山内猛氏撮影)
  • デストロイヤーさんの軌跡