2019.3.9 09:02

島田9位、米国の樋渡がV 世界ジュニア/フィギュア

島田9位、米国の樋渡がV 世界ジュニア/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
ジャンプする島田高志郎=ザグレブ(共同)

ジャンプする島田高志郎=ザグレブ(共同)【拡大】

 フィギュアスケートの世界ジュニア選手権第3日は8日、ザグレブで行われ、男子はショートプログラム(SP)12位の島田高志郎(木下グループ)が4回転-3回転の連続トーループを決めたフリーは8位となり、合計212・78点で9位だった。壷井達也(愛知・中京大中京高)は195・88点の14位で、日本は来季も出場枠2を維持した。

 米国代表の樋渡知樹がSP2位から逆転、230・32点で初優勝した。

 女子SPで白岩優奈(関大KFSC)は62・08点で6位、川畑和愛(N高東京)は57・65点で9位、横井ゆは菜(愛知・中京大中京高)は51・61点で18位となり、上位24人による9日(日本時間10日未明)のフリーに進んだ。シニアのロシア選手権女王のアンナ・シェルバコワが72・86点で首位に立ち、2連覇を目指すアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が72・49点で2位につけた。(共同)

島田高志郎の話「今大会は悔しい結果に終わったが、これから成長できると確信できたシーズンだった。完璧を目指し、4回転ルッツも練習していきたい」

壷井達也の話「力を全て出し切れた。SPで自信をなくしたけど、フリーで挽回した試合もあったので自分を信じた」

樋渡知樹の話「(3年前に)3位を取った後は(不調などで)スケートをやめた方がええんちゃうかという時もあった。両親に金メダルを持ち帰れてうれしい」

  • 演技する島田高志郎=ザグレブ(共同)
  • 演技する壷井達也=ザグレブ(共同)
  • 演技する白岩優奈=ザグレブ(共同)