2019.3.8 05:00

前WBO世界フライ級王者・木村翔、30日上海で再起戦「KO狙う」

前WBO世界フライ級王者・木村翔、30日上海で再起戦「KO狙う」

 プロボクシングの青木ジムは7日、前WBO世界フライ級王者の木村翔(30)が30日に中国・上海で再起戦を行うことを発表した。2度の世界挑戦経験があるウィチャー・プライカオ(37)=タイ=と、空位の東洋太平洋同級シルバー王座をかけて闘う。

 王座を失った昨年9月の田中恒成(23)=畑中=戦以来、6カ月ぶりの試合が正式に決定。東京都内の同ジムで会見した木村は「インパクトある展開でKOを狙う。次を見据えた試合をしたい」と抱負を語った。

 2017年7月に上海で、五輪2大会連続金メダルの鄒市明(37)から王座を奪ったことで、現地での知名度が高く、「第5回日中ボクシング選手権」の特別ゲストとして招かれてリングに立つ。「技術面を改善してきた。中国の人にも『次は世界戦を』と言われるような試合をしたい」と気を引き締めた。 (伊藤隆)