2019.3.5 20:19

伊藤美誠、東京五輪の金メダルを約束 「個人、団体で金メダル」/卓球

伊藤美誠、東京五輪の金メダルを約束 「個人、団体で金メダル」/卓球

会場に飾られた氷像の前でおどける伊藤美誠=東京會舘(撮影・今野顕)

会場に飾られた氷像の前でおどける伊藤美誠=東京會舘(撮影・今野顕)【拡大】

 1月の卓球全日本選手権で、混合ダブルス、女子ダブルス、女子シングルスの3冠を、女子で初めて2年連続で達成した伊藤美誠(18)=スターツ=の「大会報告と感謝の会」が5日、東京・丸の内の東京会館で行われた。

 「初優勝はたまたま感があったけど、今回は実力で勝てた。あれだけの練習をしてきてよかったと思えた」。所属するスターツの村石久二CEOから花束を渡され、「みんなの期待に応えられた」と笑顔を見せた。

 昨年は11月のスウェーデン・オープンで世界トップの中国勢、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)、丁寧、朱雨玲を次々に撃破し優勝するなど飛躍した。劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)には5月の世界選手権団体戦(スウェーデン)の決勝に続く2連勝。「優勝しただけでもうれしかったけど、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)に2回勝てたことはすごいこと。それがうれしかった」。この活躍で、中国メディアからは「大魔王」の称号をもらったが、「卓球王国からそう言われるのは、すごくうれしい。もっともっと大魔王になってやろうと思った」と、さらなる成長を誓った。

 今年は来年の東京五輪の出場権が懸かる大事な年。中でも最も大きい世界選手権個人戦(4月、ブダペスト)へ向けては「3種目に出させてもらえるなら、全日本同様、3冠を目指します。東京五輪の切符を自力で取りたい」と宣言した。

 さらに来年の東京五輪では「個人、団体で金メダルを取って、皆さんにお見せできるよう頑張ります」と力強く約束し、招待客から盛んな拍手を浴びていた。

  • 花束をもらって、三冠を指で示す伊藤美誠=東京會舘(撮影・今野顕)
  • スターツの村石久二会長から花束を贈られる伊藤美誠=東京會舘(撮影・今野顕)
  • 花束をもらって、三冠を指で示す伊藤美誠=東京會舘(撮影・今野顕)