2019.3.5 17:27

阿部一二三、66キロ級第1シード 全日本体重別柔道/柔道

阿部一二三、66キロ級第1シード 全日本体重別柔道/柔道

 柔道の世界選手権(8月25日開幕・日本武道館)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権(4月6、7日・福岡国際センター)の組み合わせ抽選会が5日、福岡市内で行われ、男子66キロ級は世界選手権2連覇中の阿部一二三(日体大)が第1シードで木戸清孝(天理大ク)と、国際大会3連勝の丸山城志郎(ミキハウス)が第2シードで磯田範仁(国士舘大職)と初戦で顔を合わせる。

 男女各7階級で8人ずつ出場。男子73キロ級は元世界王者の橋本壮市(パーク24)が第1シード、2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)が第2シードに入った。女子48キロ級はグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会を制した渡名喜風南(パーク24)が第1シードとなった。

 女子ですでに世界選手権代表に決まっている52キロ級の阿部詩(兵庫・夙川学院高)、70キロ級の新井千鶴(三井住友海上)は出場しない。