2019.3.4 19:43

白井健三、無念の欠場にも「意味はあった」/体操

白井健三、無念の欠場にも「意味はあった」/体操

アメリカン杯から成田空港に帰国した白井健三

アメリカン杯から成田空港に帰国した白井健三【拡大】

 体操男子の白井健三(22)=日体大=が4日、左足首のけがで欠場したアメリカン杯から成田空港着の日航機で帰国した。出発前の練習中に着地で負傷していたと明かし、4月7日のW杯東京大会(調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)に向けて大事を取った。

 エントリーしながら欠場するのは競技人生で初めてだった。「ワンツーのアメリカの選手は余裕を持って演技をしていた」。客席から観戦し、海外勢の演技に気付きを得た。

 着地を決めようとする意識の強さが体勢の乱れにつながり、けがを負ったと分析する。「いっぱいいっぱいの考え方ではなく、余裕のある演技が大事。棄権した意味はあった」。外からフロアを見つめた時間を成長の糧にする。