2019.3.4 09:57

大迫傑、東京マラソン途中棄権に「強くなって帰ってくる」

大迫傑、東京マラソン途中棄権に「強くなって帰ってくる」

大迫傑

大迫傑【拡大】

 東京マラソンで途中棄権した日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=がレースから一夜明けた4日、自身のツイッターを更新。「言い訳はありません、強くなって9月帰ってきます!!」とコメントした。

 コースは、2020年東京五輪代表を決める9月15日の「グランドチャンピオンシップ(MGC)」と重なる。既にMGC行きを決めていた大迫は、五輪切符獲得への予行演習として初参戦したが、21キロすぎで集団から離れた。気温6度を下回る雨中の消耗戦。体を震わせながら29キロ地点でコースを外れた。

 主催者を通じて、「スタート地点から寒くなって、体が動かなくなり、棄権せざるを得ない状況でした」と、無念の言葉を残していた。

 4度目のマラソンで初めてゴールまで到達できなかった。42・195キロの厳しさを突きつけられた日本最速の男は、さらに強くなってMGCのスタートラインに立つ。