2019.3.3 20:33

西田、宮本組は混合シンクロ板飛び込み最下位 WS第1戦

西田、宮本組は混合シンクロ板飛び込み最下位 WS第1戦

混合シンクロ板飛び込みで8位だった西田(奥)、宮本組=相模原市立総合水泳場

混合シンクロ板飛び込みで8位だった西田(奥)、宮本組=相模原市立総合水泳場【拡大】

 飛び込みのワールドシリーズ第1戦、相模原大会最終日は3日、相模原市立総合水泳場で行われ、非五輪種目の混合シンクロ板飛び込みで、西田玲雄(大阪水泳学校)宮本葉月(高知DC)組は300・00点で最下位の8位に終わった。

 女子板飛び込みの三上紗也可(米子DC)、男子高飛び込みの大久保柊(筑波大)は決勝に進めなかった。中国勢が大会の全種目を制した。