2019.3.3 08:07

村上は3位「収穫はあった」 白井は左足首けがで欠場/体操

村上は3位「収穫はあった」 白井は左足首けがで欠場/体操

競技を終え、笑顔を見せる3位になった村上茉愛。左は欠場した白井健三=グリーンズボロ(共同)

競技を終え、笑顔を見せる3位になった村上茉愛。左は欠場した白井健三=グリーンズボロ(共同)【拡大】

 体操の個人総合で争うアメリカン・カップが2日、米ノースカロライナ州グリーンズボロで行われ、女子は昨年の世界選手権2位の村上茉愛(日体大)が55・732点で3位だった。

 村上は落下のあった平均台で13・233点と伸ばせなかったが、最終種目の得意の床運動で14・133点をマークし、表彰台を確保した。

 男子の白井健三(日体大)は左足首のけがで大事を取って欠場した。

 女子はリアン・ウォン(米国)が56・765点で優勝し、男子はユル・モルダウアー(米国)が85・932点で制した。(共同)

村上茉愛の話「ミスがあったのは悔しいが、新しい技の失敗なので引きずるものではない。点数も出ているので収穫はあった。次の全日本選手権まで練習して、いい演技ができるようにしたい」

  • 平均台で演技する村上茉愛=グリーンズボロ(共同)
  • 平均台でバランスを崩し落下する村上茉愛=グリーンズボロ(共同)
  • 床運動でポーズを決める村上茉愛=グリーンズボロ(共同)
  • 3位になった村上茉愛の床運動=グリーンズボロ(共同)