2019.3.3 05:01

竹迫、ドローでV2…連続KO止まる/BOX

竹迫、ドローでV2…連続KO止まる/BOX

 プロボクシング・日本ミドル級タイトルマッチ(2日、後楽園ホール)王者の竹迫司登(かずと、27)=ワールドスポーツ=が、指名挑戦者で同級1位の加藤収二(28)=中野サイトウ=と対戦し、判定は三者三様の引き分け。竹迫が2度目の防衛に成功した。ジャッジの採点は、96-94、94-96、95-95だった。

 敗者のような顔で、竹迫がベルトを腰に巻いた。序盤からサウスポーの加藤を捉えきれない。右の強打でダウンを奪えず、初めて10ラウンドを闘った末のドロー防衛。2015年7月のプロデビューから積み重ねた10戦連続KOの記録は止まったが、ベルトを死守した。16日に夫人の麻裕さん(26)との挙式を行う王者は「自分はまだまだということが分かった」と謙虚に話した。