2019.3.3 05:00

女子21歳・一山麻緒、レース駆け引きで先輩の福士から助言/東京マラソン

女子21歳・一山麻緒、レース駆け引きで先輩の福士から助言/東京マラソン

東京都内で取材に応じ、初マラソンに向けて意気込んだ一山麻緒

東京都内で取材に応じ、初マラソンに向けて意気込んだ一山麻緒【拡大】

 2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)の出場権を争う東京マラソンは、3日午前9時10分に号砲が鳴る。2日は東京都内でテクニカルミーティングが行われ、ペースメーカー(PM)の設定タイムが決定。

 女子で21歳の一山麻緒(ワコール)は40分間の最終調整を行い、初マラソンに備えた。五輪4大会連続出場の福士加代子と同じ所属先で、レースの駆け引きについて助言を受けたという。来週10日には名古屋ウィメンズが行われ、MGC出場権を目指す福士がエントリーする。期待のホープは「(MGC切符を)絶対に取って、来週走る福士さんにバトンタッチしたい」と誓った。