2019.3.2 05:01

金本浩二容疑者を逮捕…3代目タイガーマスク、27歳下の妻に暴力か

金本浩二容疑者を逮捕…3代目タイガーマスク、27歳下の妻に暴力か

3代目タイガーマスクだった金本浩二容疑者=1997年10月

3代目タイガーマスクだった金本浩二容疑者=1997年10月【拡大】

 “喧嘩番長”の異名で新日本プロレスのリングなどで暴れ回ったプロレスラーの金本浩二(本名・金日宇)容疑者(52)が、神戸市中央区の自宅マンションで妻を殴ったとして、兵庫県警生田署に1日、暴行の疑いで現行犯逮捕された。

 逮捕容疑は1日午後0時半ごろ、自宅で妻(25)の頭を殴った疑い。けがはなかった。

 同署によると「妻が勝手に自分の携帯電話を見て浮気を疑い、しつこくただしてきた。鬱憤がたまっていた」と供述している。妻が「夫とけんかし暴言を吐かれた」と110番し、署員が駆け付けた。生後数カ月の息子と3人で暮らしていた。

 金本容疑者は、1990年に新日本プロレスに入門。92年に「3代目タイガーマスク」として活動するも、1年足らずでマスクを脱いだ。その後はラフ殺法を駆使してIWGPジュニア王者に5度、IWGPジュニアタッグ王者に4度輝いた。2013年からは全日本プロレス参戦。15年からフリーで活動していた。