2019.3.1 19:56

飛び込み板から…ベテラン・寺内にまさかの事態/飛び込み

飛び込み板から…ベテラン・寺内にまさかの事態/飛び込み

男子シンクロ板飛び込み、5回目の演技で失敗した坂井(上)、寺内組。寺内が板から滑り落ちるアクシデントがあった=相模原市立総合水泳場

男子シンクロ板飛び込み、5回目の演技で失敗した坂井(上)、寺内組。寺内が板から滑り落ちるアクシデントがあった=相模原市立総合水泳場【拡大】

 全5戦で争う飛び込みのワールドシリーズ第1戦、相模原大会は1日、相模原市立総合水泳場で行われ、男子シンクロ板飛び込みの坂井丞、寺内健組(ミキハウス)は322・23点で最下位の8位と振るわなかった。5回目の演技で寺内が板から滑り落ちるアクシデントがあった。

 円熟のベテランにまさかの事態が起きた。男子シンクロ板飛び込みの5回目の演技で、力強く板を踏んだ寺内が滑り落ち、会場は静まりかえった。寺内は「板との相性が合わない部分があった」。無理やり踏み込もうとして左足が抜ける形となり、珍しい失敗につながった。

 38歳にして初めてという経験。この演技で0点に終わったことが響き、昨年の日本での大会で3位と奮闘した種目で最下位に沈んだ。それでも、より板の先端で踏み込もうと攻めた結果でもあり「悲観するより、次につなげていかないといけない」と前向きに語った。

  • 男子シンクロ板飛び込み、5回目の演技で板から滑り落ちた寺内健(奥)。手前は坂井丞=相模原市立総合水泳場
  • 男子シンクロ板飛び込み、8位だった坂井(手前)、寺内組=相模原市立総合水泳場