2019.2.28 17:13

五輪予選の候補地募集開始 日本には開催国枠/卓球

五輪予選の候補地募集開始 日本には開催国枠/卓球

 国際卓球連盟(ITTF)は28日、2020年東京五輪出場を懸けた同年1月の団体予選と5月のシングルス予選について開催地の募集を始めると発表した。日本は五輪に団体、シングルス、混合ダブルスの全てで開催国枠によって出場できることが決まっている。

 東京五輪の団体には男女各16チームが参加。来年1月の予選では、日本や各大陸予選で決まる6チームを除いた9枠を争う。団体に出るチームは、自動的にシングルスの出場2枠も確定する。シングルスはそれ以外に各大陸予選、来年5月の予選などで出場を争う。

 日本協会は五輪代表について、シングルスの男女各2人は来年1月の世界ランキングでの日本選手上位2人とし、団体戦要員となる3人目はダブルスの相性などを考慮して強化本部の推薦で決定。その中から混合ダブルスのペアを決めるとしている。(共同)