2019.2.28 18:27

学生陸上でドーピング違反 日大のハンマー投げ選手、2年間の資格停止処分

学生陸上でドーピング違反 日大のハンマー投げ選手、2年間の資格停止処分

 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は28日、昨年9月の陸上の日本学生対校選手権で実施されたドーピング検査で、男子ハンマー投げの松原拓矢(日大)から禁止物質に指定されているホルモン調節薬「クロミフェン」が検出され、2年間の資格停止処分を科したと発表した。

 64メートル73で3位だった成績は失効。JADAによると松原は、意図的な摂取ではなく、海外製のサプリメントが原因と考えられると主張している。