2019.2.27 05:04

高安に吉兆!?“オオゼキ”「ラジオ関西特別」で1着

高安に吉兆!?“オオゼキ”「ラジオ関西特別」で1着

競馬場内にある田子ノ浦部屋での稽古を終え、マスコットのそのたんと記念撮影する高安=園田競馬場(撮影・松永渉平)

競馬場内にある田子ノ浦部屋での稽古を終え、マスコットのそのたんと記念撮影する高安=園田競馬場(撮影・松永渉平)【拡大】

 大相撲の元横綱稀勢の里、荒磯親方(32)が部屋付きとして所属する田子ノ浦部屋は26日、3月の春場所(10日初日、エディオンアリーナ大阪)で宿舎とする兵庫・尼崎市の園田競馬場内で、大阪入り後初の稽古を開始した。

 26日の園田競馬第10レース、メインの「ラジオ関西特別」では、1番人気のメイショウオオゼキが1着となった。現在の横綱、大関陣のなかでただ一人、優勝経験のない大関高安にとって、「オオゼキ」の活躍は吉兆だ。馬券を買った経験はないが、「(競馬を)間近にみられる。同じ勝負事。早く優勝したい。勉強して相撲に生かしていきたい」と意欲的だ。

 28日は29歳の誕生日。同日の園田競馬第5レースが個人協賛競走「祝 大関高安関お誕生日記念」として行われることがこの日、発表された。なお、同競馬では近日中に荒磯親方のトークショーも予定する。

  • 田子ノ浦部屋が宿舎を構える園田競馬場で、マスコットと握手する高安=兵庫県尼崎市