2019.2.26 21:12

レッドブル・ホンダは2番手 合同テスト後半始まる/F1

レッドブル・ホンダは2番手 合同テスト後半始まる/F1

 F1合同テスト(26日、スペイン・カタロニアサーキット)後半4日間が始まり、前半の走行でホンダのパワーユニット(PU)を搭載するレッドブル、トロロッソの2チームが順調に走行をこなした。レッドブルのピエール・ガスリー(23)=フランス=は61周を走行し、10台中2番手につけた。アレクサンダー・アルボン(22)=タイ=は39周で7番手だった。3月17日決勝の開幕戦、豪州GP(メルボルン)へ向けて一層のマシン改良を図る。

 先週の前半4日間ではPUに大きなトラブルは発生せず、両チーム合計で957周を重ねた。昨季に続きホンダと組むトロロッソは充実ぶりが目立った。ダニール・クビアト(24)=ロシア=は第3日に13台中トップ。アルボンも最終日に14台中2位のラップを刻んだ。

 昨季の製造者部門年間総合3位のレッドブルは、今季からPU供給を受ける。通算5勝の実績を持つマックス・フェルスタッペン(21)=オランダ=は2日間で計237周を走っていた。