2019.2.26 05:02

谷口、前日計量一発でパス「万全なので」笑顔/BOX

谷口、前日計量一発でパス「万全なので」笑顔/BOX

計量後にポーズを取る挑戦者の谷口将隆(右)と王者ビック・サルダール=25日、東京都文京区(撮影・奥村信哉)

計量後にポーズを取る挑戦者の谷口将隆(右)と王者ビック・サルダール=25日、東京都文京区(撮影・奥村信哉)【拡大】

 プロボクシングのWBO世界ミニマム級タイトルマッチ(26日、後楽園ホール)の調印式と前日計量が25日、東京都内で行われ、同級王者のビック・サルダール(28)=フィリピン=はリミットの47・6キロ、挑戦者で同級2位の谷口将隆(25)=ワタナベ=は47・5キロで、ともに一発でパスした。

 世界初挑戦とは思えない強心臓だ。計量後の“フェースオフ”で、王者とにらみ合った谷口はわずか数秒で笑い出した。「もう少し緊張すると思ったけど、やるべきことをやって万全なのでリラックスしていた」と笑顔の理由を説明した。

 精神面の強さが際立つ。22日から公式行事が始まると、インターネットで自身の記事を見つけ、コメント欄までチェック。「『勝てねぇよ』とか、いろいろ悪口を書かれたけど気にならない。今に見てろよって思った」。すべてを前向きに受け止め、高いモチベーションに結びつけた。

 同門、同期でプロデビューしたWBA世界ライト級王者の京口紘人(25)の初戴冠から1年5カ月も遅れてたどり着いた世界初挑戦。「しっかり倒して世界王者になる」と公言した。 (伊藤隆)

★ルールなど

 ◆レフェリー、ジャッジ レフェリーはケニー・ベイレス氏(米国)で採点せず。ジャッジはルイス・ルイス(プエルトリコ)、スラット・ソイカラチャン(タイ)、クリス・テレス(米国)の3氏。

 ◆主なルール 採点は10点方式。1ラウンドに何度ダウンしても深刻なダメージがなければ継続されるフリーノックダウン制。4回までの偶然のバッティングで試合が停止された場合は引き分け。5回以降はスコアカードの採点による。故意のバッティングでいずれかの選手が負傷した場合、負傷のない選手から2点減点。

 ◆グローブ 日本製8オンス。

  • 計量後ににらみ合う挑戦者の谷口将隆(右)と王者ビック・サルダール=東京都文京区(撮影・奥村信哉)