2019.2.25 08:21

総合Vの小平奈緒「職人みたいだがとにかく極めていきたい」 日本勢活躍/スピード

総合Vの小平奈緒「職人みたいだがとにかく極めていきたい」 日本勢活躍/スピード

  • 世界スプリント選手権で総合優勝し、表彰式で涙ぐむ小平奈緒=ヘーレンフェイン(共同)
  • 世界スプリント選手権で総合優勝し、表彰式で笑顔の小平奈緒と2位の高木美帆(左)。右は3位のブリタニー・ボウ=24日、ヘーレンフェイン(共同)
  • スピードスケートの世界スプリント選手権で2度目の総合優勝を達成し、笑顔で喜ぶ小平奈緒=オランダ・ヘーレンフェイン(ゲッティ=共同)
  • 2年ぶりに“スプリント女王”に返り咲いた小平。スケート留学した“第二の故郷”で栄冠に輝いた(共同)
  • 女子500メートルで1位となった小平奈緒=ヘーレンフェイン(ゲッティ=共同)
  • 女子1000メートルで4位となった小平奈緒(右)=23日、ヘーレンフェイン(ゲッティ=共同)
  • 女子1000メートルで4位となった小平奈緒=ヘーレンフェイン(AP)
  • 女子1000メートルの滑走を終え、歓声に応える高木美帆=ヘーレンフェイン(ゲッティ=共同)
  • 女子500メートルで4位となった高木美帆=ヘーレンフェイン(ゲッティ=共同)
  • 女子1000メートルで2位となった高木美帆=ヘーレンフェイン(ロイター)
  • 男子500メートルで1位となった新浜立也=ヘーレンフェイン(ロイター)

 スピードスケートの世界スプリント選手権が24日までオランダーのヘーレンフェインで行われ、女子は小平奈緒(32)=相沢病院=が2年ぶり2度目の総合優勝を果たし、高木美帆(24)=日体大助手=が2位に入った。男子も新浜立也(22)=高崎健康福祉大=が初出場で2位と健闘。競技の本場で日本勢が活躍した。

 2日間で500メートルと1000メートルを2度ずつ滑って総合で争う大会。小平は五輪女王となった500メートルの2レースでともに1位と実力を発揮した。新鋭の新浜は日本男子として9年ぶりに表彰台に上がった。(共同)

小平奈緒の話「誇れる結果。このリンクでチャンピオンになることが夢だった。ただただ、うれしい。目指すのは世界最速のスケーター。職人みたいだが、とにかく極めていきたい」

高木美帆の話「大健闘だが、悔しい気持ちの方が強い。難しいチャレンジだが(優勝)できる可能性もあると思っていたので。(小平に)もうちょっと食らいついていきたかった」

ヨハン・デビット・ヘッドコーチの話「高木美はスプリンターではなく、表彰台は厳しいと思っていたので、とても驚いている。新浜の2位は大きな成果だ」

現役時代に2度優勝した黒岩彰監督の話「小平には実力、存在感がすごくあった。そこに高木美も食い込み、新浜も頑張った。日本チームが着実に力を付けていると証明できた」

新浜立也の話「初出場で2位になれるとは想像もしていなかった。日本男子のメダルも久々で本当に大きな成果。(北京)五輪に向けて、戦えるというのが分かってきた」