2019.2.25 05:04(1/2ページ)

紀平、3回転半決め今季無傷6連勝!SP2位から“十八番”逆転/フィギュア

紀平、3回転半決め今季無傷6連勝!SP2位から“十八番”逆転/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
フリーの演技を終えた紀平は満面の笑み。来月の世界選手権に弾みとなる優勝だ (共同)

フリーの演技を終えた紀平は満面の笑み。来月の世界選手権に弾みとなる優勝だ (共同)【拡大】

 フィギュアスケート・チャレンジ杯最終日(24日、オランダ・ハーグ)女子ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー1位の141・90点をマークし、合計208・34点で逆転優勝を飾った。今季の国際大会は無傷の6連勝。3月の世界選手権(20-23日、さいたまスーパーアリーナ)に向けた最後の実戦で弾みをつけた。樋口新葉(わかば、18)=東京・開智日本橋学園高=は合計186・24点で3位だった。

 逆転の紀平だ。SPで不発だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、大きなミスなく演技を終えると、勝利を確信したように右拳を握った。

 「今できる最高かなというくらいの演技だった」

 今季全8戦で1位となったフリーで挽回するという、シナリオ通りの展開。国際大会では無傷の6戦勝となった。浜田美栄コーチ(59)に頭をなでられると、笑みをこぼした。

【続きを読む】

  • 女子で優勝した紀平梨花(中央)と3位の樋口新葉(右)=ハーグ(共同)
  • 女子SPで2位だった紀平梨花のフィニッシュ=ハーグ(共同)
  • 女子で優勝し声援に応える紀平梨花(先頭)。左端は3位の樋口新葉=ハーグ(共同)
  • 女子フリーの演技を終え、歓声に応える紀平梨花=ハーグ(共同)
  • 女子フリーで演技する紀平梨花=ハーグ(共同)
  • 女子フリーで演技する紀平梨花=ハーグ(共同)
  • 女子フリーの演技を終え、コーチと笑顔の紀平梨花(左)=ハーグ(共同)
  • 女子フリーで演技する紀平梨花=ハーグ(共同)
  • フィギュアスケート・世界選手権男女の日本代表メンバー
  • フィギュアスケート・世界選手権日程
  • 女子・上位成績
  • 紀平梨花・今季成績