2019.2.24 05:02(2/2ページ)

丸山、国際大会3連勝!一二三に強力ライバル/柔道

丸山、国際大会3連勝!一二三に強力ライバル/柔道

男子66キロ級で優勝した丸山城志郎(左)=デュッセルドルフ(共同)

男子66キロ級で優勝した丸山城志郎(左)=デュッセルドルフ(共同)【拡大】

 「自分の柔道で勝ち切るのが大切。そういうのを意識した」

 一時は独走しつつあった若き日本のエースを猛追する。ロンバルドとの準々決勝は、指導を2つ取られたが、得意の内股で技ありを奪って逃げ切った。準決勝ではGSパリ大会覇者のモルドバ出身選手に絞め技で快勝した。

 昨年11月のGS大阪、同12月のマスターズ(中国・広州)に続く国際大会の優勝。4月には代表最終選考会となる全日本選抜体重別選手権が控え、阿部一と直接対決の可能性もある。絶好調の柔道家は「勝ったけど、今日は今日。また気持ちを切り替えてやりたい」と不敵に言った。

★柔道・東京五輪への道

 日本は開催国枠で男女各7階級に1人ずつ出場する。具体的な代表の選考方法は発表されていないが、全柔連は国内外の過去2年間の大会結果をポイント化する制度を採用。国際大会の成績を重要視している。今夏の世界選手権(日本武道館)で優勝すると、有力候補に挙がるとみられる。東京五輪は7月25日-8月1日に日本武道館で開催予定。

  • 国際大会3連続優勝の丸山。勢いが止まらない(共同)
  • 女子63キロ級で準決勝進出を決めた土井雅子=デュッセルドルフ(共同)
  • 男子81キロ級で準決勝進出を決めた藤原崇太郎=デュッセルドルフ(共同)
  • 女子63キロ級で準決勝進出を決めた田代未来(左)=デュッセルドルフ(共同)
  • 女子57キロ級決勝でラファエラ・シルバ(右)を破り優勝した芳田司=22日、デュッセルドルフ(共同)
  • 男子73キロ級で3回戦を突破した海老沼匡=デュッセルドルフ(共同)
  • 男子73キロ級で2回戦を突破した大野将平(下)=デュッセルドルフ(共同)
  • 丸山と阿部の比較