2019.2.24 16:25

優勝の山本「100点の演技。練習はうそをつかなかった」/フィギュア

優勝の山本「100点の演技。練習はうそをつかなかった」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
フリーの演技を終え、声援に応える山本草太=ハーグ(共同)

フリーの演技を終え、声援に応える山本草太=ハーグ(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのチャレンジ・カップ第3日は23日、オランダのハーグで行われ、男子は山本草太(中京大)が前日のSPに続いてフリーでもトップの171・63点をマークして合計253・87点で優勝した。鍵山優真(神奈川FSC)は合計218・02点で2位だった。

 男子の山本は前日のSPに続いてフリーも1位で圧勝した。冒頭の4回転トーループで3・23点の出来栄え点を引き出し、2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も成功。「100点をあげてもいい演技。練習はうそをつかなかった」と言葉に実感を込めた。

 2016年世界ジュニア選手権へ出発直前の練習で右足首を骨折し、その後3度の手術を乗り越えてきた苦労人。トップ選手と戦える自信も「少しずつ出てきた」という19歳のスケーターは「もっと大きな舞台で勝てるように頑張りたい。結果を求めていきたい」と力強く言った。(共同)

  • 男子で優勝した山本草太のフリー=ハーグ(共同)
  • 男子で優勝した山本草太のフリー=ハーグ(共同)
  • 男子で優勝した山本草太のフリー=ハーグ(共同)
  • 男子で優勝した山本草太(中央)と2位の鍵山優真(左)=ハーグ(共同)
  • 男子フリーの演技を終え、笑顔の山本草太=ハーグ(共同)