2019.2.22 18:58

ナイキ「大失態」で株急落 靴壊れ、米大学バスケのスター選手が負傷

ナイキ「大失態」で株急落 靴壊れ、米大学バスケのスター選手が負傷

試合中に転倒したデューク大のザイオン・ウィリアムソン=ダーラム(USA TODAY・ロイター)

試合中に転倒したデューク大のザイオン・ウィリアムソン=ダーラム(USA TODAY・ロイター)【拡大】

 スポーツ用品大手ナイキの「大失態」が米メディアをにぎわせている。米大学バスケットボール界のスーパースターが20日の試合で、履いていた同社製シューズが壊れたため膝を痛めて負傷退場。この影響で同社の株価が急落し、ロイター通信は21日の時価総額への影響を約14億6000万ドル(約1621億円)とまで算出した。

 負傷したのは男子の全米大学体育協会(NCAA)1部デューク大のエースで、抜群の人気を誇るNBA選手レブロン・ジェームズ(レーカーズ)の再来との呼び声も高いザイオン・ウィリアムソン選手。オバマ前大統領も観戦した有名校との黄金カードで、靴底がはがれたために足を滑らせて転倒した。

 会員制交流サイト(SNS)などでは、選手が苦痛にもだえる姿や、無残に壊れた靴の映像が瞬く間に広まった。デューク大は21日に重傷ではないと発表したが、事態は収束するどころか拡大している。

 ナイキは「製品の質は最も重要。この件は特異な事例ではあるものの、問題の特定を進めている」との声明を出し、信頼回復に躍起となっている。(共同)