2019.2.21 05:02

世界選手権へ!羽生、ファンに列島に順調報告「年明けから氷上練習を始めました」/フィギュア

世界選手権へ!羽生、ファンに列島に順調報告「年明けから氷上練習を始めました」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
フィギュアスケート・世界選手権男女の日本代表メンバー

フィギュアスケート・世界選手権男女の日本代表メンバー【拡大】

 フィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が20日、右足首故障からの復帰を目指す3月の世界選手権(20日開幕、さいたまスーパーアリーナ)に向けて、ジャンプの調整に励んでいることを明らかにした。東京都内で開かれた日本スケート連盟の理事会後に小林芳子強化部長(63)が本人のコメントを代読。自国開催の頂上決戦に向けて前進していることが分かった。

 日本で銀盤に返り咲くため、着実に歩を進めている。右足首故障からの復帰を目指す羽生が、世界選手権に向けてジャンプの調整に励んでいることをファンに報告した。

 東京都内での理事会後に取材に応じた小林強化部長は、四大陸選手権最終日の10日に羽生と連絡を取ったと明かし、「年が明けてから氷上練習を始めました。ジャンプについては世界選手権に向けて調整しています」と、本人から受け取ったコメントを発表した。

 昨年11月のロシア杯の公式練習で負傷後、羽生が練習状況についてコメントするのは初めて。同12月のグランプリ(GP)ファイナルと全日本選手権はけがのため欠場した。宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=やネーサン・チェン(19)=米国=らと王座を争う世界選手権が、ロシア杯以来の実戦となる。

 四大陸選手権の期間中、羽生を指導するブライアン・オーサー・コーチ(57)は教え子について、「世界選手権へ照準を合わせて準備している」と明かし、4回転ジャンプを跳んでいるかなど練習の詳細については「トップシークレット」としていた。

 5年ぶりの自国開催となる頂上決戦。復帰を待ちわびる日本のファンの前での演技に向けて、絶対王者は虎視眈々(たんたん)と準備を整える。 (鈴木智紘)

  • フィギュアスケート・世界選手権日程