2019.2.18 05:03(1/2ページ)

高校先輩・長谷川、女子200バタV!「璃花子の分まで」競泳ニッポン牽引誓う

高校先輩・長谷川、女子200バタV!「璃花子の分まで」競泳ニッポン牽引誓う

特集:
池江璃花子
2016年6月、短冊に願い事を書き込んだ長谷川(左)と池江

2016年6月、短冊に願い事を書き込んだ長谷川(左)と池江【拡大】

 競泳・コナミオープン最終日(17日、千葉県国際総合水泳場)女子200メートルバタフライで、2016年リオデジャネイロ五輪代表の長谷川涼香(19)=東京ドーム=が2分8秒32で優勝した。東京・淑徳巣鴨高の1年後輩で、白血病を公表した池江璃花子(18)=ルネサンス=のためにも、池江が得意とする100メートルバタフライでの日本選手権(4月、東京)優勝と、世界選手権(7月、韓国・光州)代表の座をつかむ意欲を表した。

 200メートルバタフライの第一人者として実力を示した。長谷川が同い年のライバル、持田早智(ルネサンス)、牧野紘子(東京ドーム)を抑え、表彰台の中央に立った。

 「想定プランと同じ感じで泳げました」

 最初の50メートルは持田、牧野の先行を許したが、100メートルまでに2位に浮上し、150メートル手前で持田を抜いてトップに。あとは2人の追撃を抑えた。

【続きを読む】

  • 女子200メートルバタフライで優勝した長谷川。高校の後輩、池江の回復を願い、力強い泳ぎを披露した
  • 女子200メートルバタフライ優勝した長谷川涼香(下)と2位の持田早智=千葉県国際総合水泳場
  • 池江&長谷川の比較
  • 男子200メートルバタフライ優勝した瀬戸大也=千葉県国際総合水泳場
  • 女子200メートル個人メドレー優勝した大橋悠依の自由形=千葉県国際総合水泳場
  • 女子200メートル個人メドレー優勝した大橋悠依の背泳ぎ=千葉県国際総合水泳場
  • 女子200メートル個人メドレー優勝した大橋悠依のバタフライ=千葉県国際総合水泳場