2019.2.15 08:05

錦織が快勝、8強進出 試合開始から5連続ゲームを奪って主導権/テニス

錦織が快勝、8強進出 試合開始から5連続ゲームを奪って主導権/テニス

特集:
錦織圭
シングルス2回戦 エルネスツ・ガルビスと対戦する錦織圭=ロッテルダム(共同)

シングルス2回戦 エルネスツ・ガルビスと対戦する錦織圭=ロッテルダム(共同)【拡大】

 男子テニスのABN・AMROワールドは14日、オランダのロッテルダムでシングルス2回戦が行われ、第1シードで世界ランキング7位の錦織圭(日清食品)は同84位のエルネスツ・ガルビス(ラトビア)を6-1、6-4で下し、ベスト8に進んだ。

 15日の準々決勝で同38位のマートン・フチョビッチ(ハンガリー)と対戦する。

 錦織は第1セットで開始から5連続ゲームを奪って主導権を握り、第2セットは競り勝った。(共同)

錦織圭の話「悪いショットはそこまでなく、1試合目より確実にいいテニスができた。リターンの感覚が良く、コートにも慣れてきた」

試合結果へ

  • シングルス2回戦エルネスツ・ガルビスと対戦する錦織圭=ロッテルダム(共同)
  • シングルス2回戦エルネスツ・ガルビスと対戦し、ガッツポーズする錦織圭=ロッテルダム(共同)