2019.2.15 22:55

ロコ・ソラーレ、6連勝でプレーオフへ 2大会ぶりV狙う中部電力も/カーリング

ロコ・ソラーレ、6連勝でプレーオフへ 2大会ぶりV狙う中部電力も/カーリング

北海道銀行戦でショットを放つロコ・ソラーレの藤沢。左は吉田夕=どうぎんカーリングスタジアム

北海道銀行戦でショットを放つロコ・ソラーレの藤沢。左は吉田夕=どうぎんカーリングスタジアム【拡大】

 世界選手権代表を懸けたカーリングの日本選手権第4日は15日、札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで1次リーグが行われ、女子は平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレがチームかわむらを8-2で、北海道銀行を9-4で下し、6連勝した。通算6勝1敗で1試合を残して2位が確定し、上位4チームによるプレーオフに進んだ。

 2大会ぶりの優勝を目指す中部電力は前回優勝の富士急を9-8で破り、7戦7勝で1位に。富士急と北海道銀行はともに5勝2敗で、4位以内となることが決まった。

 16日の変則方式のプレーオフは中部電力-ロコ・ソラーレ、富士急-北海道銀行の組み合わせ。 男子は前回王者の札幌国際大が昨秋のパシフィック・アジア選手権を制したコンサドーレに4-3で競り勝った。この日2戦2勝の札幌国際大は初黒星のコンサドーレと6勝1敗で並び、ともに上位4チームによるプレーオフ進出を決めた。

  • ロコ・ソラーレ戦でショットを放つ北海道銀行の吉村=どうぎんカーリングスタジアム
  • 富士急戦でショットを放つ中部電力の北沢=どうぎんカーリングスタジアム
  • 中部電力戦で指示を出す富士急の小穴=どうぎんカーリングスタジアム