2019.2.14 05:01

白井「学びの姿勢素晴らしい」 男子が中国と合同合宿/体操

白井「学びの姿勢素晴らしい」 男子が中国と合同合宿/体操

体操男子の日中合同合宿で、あん馬の練習をする白井健三選手=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

体操男子の日中合同合宿で、あん馬の練習をする白井健三選手=13日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 体操男子の強化選手による中国との合同合宿が13日、東京都内で公開され、昨年の世界選手権種目別床運動銀メダルの白井健三(22)=日体大=は「謙虚さを感じた」と、ライバル国の学びの姿勢に驚嘆した。

 得意の床運動はもちろん、苦手のあん馬や平行棒の練習を行っている際にも中国選手の視線を感じるという。試合のときには動画を撮影されていると明かし、「(自分の)苦手な部分からも学ぼうとする姿勢があるのは素晴らしい」と評した。

 合同合宿は1月下旬にも中国で行われ、今回が2度目。教育実習のため前回は参加しなかった大学4年生は「(影響を)受けるだけでなく与える時間も有意義なものにしたい」。切磋琢磨(せっさたくま)を誓った。 (鈴木智紘)

内村航平(リンガーハット)「(中国の選手は)試合をやっているんじゃないかという目で練習している。何をとっても刺激でしかない」

種目別平行棒で世界選手権2連覇の鄒敬園(中国)「鉄棒や床運動などで、見て学べることが多かった。自分たちの練習に取り入れられるところがある」

  • 中国との合同合宿であん馬を練習する白井健三
  • 体操男子の日中合同合宿で、中国選手(右)の練習を見る白井健三=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター
  • 中国との合同合宿を終えて取材に応じた内村航平
  • 体操男子の日中合同合宿で、平行棒の練習をする中国の鄒敬園=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター