2019.2.13 18:54

藤沢五月、初戦黒星を「プラスに捉えられた」 ロコ・ソラーレが初勝利/カーリング

藤沢五月、初戦黒星を「プラスに捉えられた」 ロコ・ソラーレが初勝利/カーリング

東京都協会戦でショットを放つロコ・ソラーレの藤沢(中央)=どうぎんカーリングスタジアム

東京都協会戦でショットを放つロコ・ソラーレの藤沢(中央)=どうぎんカーリングスタジアム【拡大】

 世界選手権代表選考を兼ねたカーリングの日本選手権第2日は13日、札幌市ので1次リーグが行われ、女子で平昌冬季五輪銅メダルのロコ・ソラーレは東京都協会を9-3で下し、今大会初勝利(1敗)を挙げた。

 ロコ・ソラーレは初戦黒星から一夜明け、大勝で地力の差を示した。スキップ藤沢五月は「(敗戦の)夜にご飯を食べながら、これでスイッチを入れてもらえたね、とみんなで話した。プラスに捉えられた」と切り替えたという。

 第1エンドにハウス(円)内の好位置にストーンを集めることに成功し、相手のミスも誘って大量4点を奪取。その後も複数得点を重ねた。「相手より氷の状態に適応できた。次につながるように細かいところを意識している」と一喜一憂することなく泰然と話した。