2019.2.13 16:21

「興奮するのはナオミ」アルペン女子のスター、シフリンも大坂に感化

「興奮するのはナオミ」アルペン女子のスター、シフリンも大坂に感化

特集:
大坂なおみ
2018年2月、平昌冬季五輪のアルペンスキー女子大回転で優勝し、表彰台で金メダルをかじるミカエラ・シフリン(ロイター)

2018年2月、平昌冬季五輪のアルペンスキー女子大回転で優勝し、表彰台で金メダルをかじるミカエラ・シフリン(ロイター)【拡大】

 女子テニスで四大大会2連勝を遂げ、世界ランキング1位に上り詰めた大坂なおみ(日清食品)に他競技のスター選手も感化されている。アルペンスキーの世界選手権(スウェーデン)の女子で驚異の3冠が期待される23歳のミカエラ・シフリン(米国)が「最近見ていて興奮するのはナオミ」と言及したことを、AP通信が12日伝えた。

 大坂が憧れのセリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った昨年の全米オープン決勝での毅然とした態度に感銘。今回の世界選手権を最後に引退したワールドカップ(W杯)女子最多通算82勝のリンゼイ・ボン(米国)にスキー界の今後を託された自身を重ね合わせているという。「最も敬愛する選手の一人と対峙する状況での大坂の振る舞いは見ていて気持ちいい」とたたえた。

 シフリンは今大会で既にスーパー大回転を制し、14日の大回転で初優勝、16日の回転は4連覇を狙う。(共同)