2019.2.12 05:03(1/2ページ)

鳥内監督、19年度シーズンで勇退 関学大アメフット部に黄金時代

鳥内監督、19年度シーズンで勇退 関学大アメフット部に黄金時代

特集:
アメフット
鳥内監督は優勝祝賀会で2019年シーズン限りでの退任を発表した(撮影・林俊志)

鳥内監督は優勝祝賀会で2019年シーズン限りでの退任を発表した(撮影・林俊志)【拡大】

 アメリカンフットボールで昨年、大学日本一に輝いた関学大の鳥内秀晃監督(60)が11日、2019年度のシーズン終了後に勇退することを明らかにした。同日、大阪市内で開かれた甲子園ボウルの優勝祝賀会で、約400人の出席者に伝えた。監督としての任期が同シーズン末で区切りのため。後任は大村和輝アシスタントヘッドコーチの昇格が有力とみられる。

 壇上の首脳陣のあいさつがひと通り終わり、祝賀会もそろそろおひらきというときだった。鳥内監督が突然歩み出て、再びマイクを握った。

 「来シーズンをもって、監督を退こうと決めました」

 関学大アメフット部を率いて27年。名門を日本一1度、大学日本一11度に導いた指揮官の突然の告白に学生やOB、関係者はどよめき、静まりかえった。OB会との取り決めで「1期4年」とした就任期間が2019年シーズンで7期28年になることから「ひとつの区切り。去年ぐらいから考えていた。自分は長すぎた。一人でやり続けることの弊害が出てくる可能性はある」。先月下旬にコーチ陣には伝えた。

 シーズン前の発表について「今、言った方が次の世代交代がスムーズにできる」と説明。後任は今後1年間で大学側をまじえて検討していくが、大村アシスタントヘッドコーチの昇格が有力だ。

【続きを読む】

  • 鳥内監督(左)は名門を率いて昨年度も大学日本一に導いた