2019.2.12 10:45

2032年五輪、ソウルに招致へ 韓国、南北共催目指す

2032年五輪、ソウルに招致へ 韓国、南北共催目指す

2032年夏季五輪開催誘致都市の選定投票に先立ち、準備状況などを説明する朴元淳ソウル市長=11日、韓国・鎮川(共同)

2032年夏季五輪開催誘致都市の選定投票に先立ち、準備状況などを説明する朴元淳ソウル市長=11日、韓国・鎮川(共同)【拡大】

 北朝鮮と2032年夏季五輪の共催を目指している韓国の大韓体育会は12日までに、韓国側の開催招致都市を首都ソウルとすることを決めた。南部・釜山も開催に名乗りを上げていたが、大韓体育会が実施した11日の選定投票で敗れた。招致が実現すれば1988年のソウル五輪以来、2回目となる。

 北朝鮮側の開催招致都市は首都平壌が有力視されている。

 韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は昨年9月の南北首脳会談で、2020年東京五輪への合同出場や、32年夏季五輪の共催実現に向けた協力で一致した。

 今月15日には具体的な取り組みを加速させるため、南北の代表がスイス・ローザンヌの国際オリンピック委員会(IOC)本部を訪問する。北朝鮮オリンピック委員会委員長を務める金日国体育相は12日、スイスを訪問するため平壌を空路出発した。(共同)