2019.2.12 19:46

斉藤立、古賀玄暉が欧州オープン負傷欠場/柔道

斉藤立、古賀玄暉が欧州オープン負傷欠場/柔道

 全日本柔道連盟は12日、五輪2連覇を誇る故斉藤仁氏の次男で100キロ超級の斉藤立(東京・国士舘高)、1992年バルセロナ五輪覇者の古賀稔彦氏の次男で60キロ級の古賀玄暉(日体大)が負傷のため、欧州オープン(16、17日・ローマ)を欠場すると発表した。

 斉藤は9日に「右脊柱起立筋損傷」で約2~3週間の加療を要すると診断。古賀は1月30日に左肩を亜脱臼したという。

 女子78キロ超級の秋場麻優(環太平洋大)は体調不良のため、16日の欧州オープン(オーベルバルト=オーストリア)を欠場する。