2019.2.11 20:43

中学横綱の吉井が中川部屋へ「早くプロに行きたかった」 春場所の新弟子検査受検

中学横綱の吉井が中川部屋へ「早くプロに行きたかった」 春場所の新弟子検査受検

少年相撲の「白鵬杯」に出場した中学横綱の吉井虹=両国国技館

少年相撲の「白鵬杯」に出場した中学横綱の吉井虹=両国国技館【拡大】

 昨年の全国中学校体育大会の相撲個人を制した静岡・港中3年の吉井虹が大相撲の中川部屋に入門し、春場所(3月10日初日、エディオンアリーナ大阪)の新弟子検査を受検することが11日、分かった。横綱白鵬が主催する少年相撲の国際親善大会「白鵬杯」に出場後、東京・両国国技館で「早くプロに行きたかった。横綱になりたい」と語った。

 身長176センチ、体重145キロの中学横綱は右四つで前に出る攻めが得意だという。師匠となる中川親方(元幕内旭里)は「性格もいいし機転も利く。一生懸命指導していく」と話した。