2019.2.11 14:40

ロケッツが32勝23敗で首位浮上/NBA

ロケッツが32勝23敗で首位浮上/NBA

 米プロバスケットボールNBA第17週は10日に終了し、西カンファレンスの南西地区でロケッツが32勝23敗で首位に浮上した。太平洋地区は昨季王者ウォリアーズが40勝15敗、北西地区はナゲッツが37勝18敗でリード。渡辺雄太がツーウエー契約を結ぶグリズリーズは23勝34敗で南西地区の最下位。

 東カンファレンスは中地区のバックスが41勝14敗で、7割4分5厘のリーグ最高勝率をキープ。大西洋地区はラプターズが41勝16敗、南東地区はホーネッツが27勝28敗で首位を守った。(共同)