2019.2.10 20:45

橋本が73キロ級優勝 決勝戦で左肘「バキッと音がした」/柔道

橋本が73キロ級優勝 決勝戦で左肘「バキッと音がした」/柔道

男子73キロ級で優勝し笑顔の橋本壮市=パリ(共同)

男子73キロ級で優勝し笑顔の橋本壮市=パリ(共同)【拡大】

 柔道のグランドスラム(GS)パリ大会最終日は10日、男女計7階級が行われ、男子73キロ級の橋本は優勝を決めると、母親が駆けつけた観客席へ両手を突き上げた。モンゴル選手との決勝は「バキッと音がした」と左肘を痛めながら一本勝ち。「ここで優勝しなかったら東京(五輪)までの道のりが厳しいと分かっていた。優勝できたのは大きい」。元世界王者の底力を正念場で見せつけた。

 同階級にはリオデジャネイロ五輪王者の大野(旭化成)が立ちはだかる。2位だった昨年の世界選手権では右目を負傷。急激に落ちた視力は「もう戻らない」とハンディを抱えながら、マスターズ大会の惨敗から立て直した。「覚悟を決めてやっていくしかない」と泥くさく突き進む。(共同)

  • 男子73キロ級決勝でモンゴル選手(下)を破り優勝した橋本壮市=パリ(共同)