2019.2.10 05:05(4/4ページ)

紀平、5位から逆転V!真央超え女子世界初3冠王手/フィギュア

紀平、5位から逆転V!真央超え女子世界初3冠王手/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
浅田真央
女子・上位成績

女子・上位成績【拡大】

 21日からのチャレンジ杯(オランダ)をはさみ、3月の世界選手権(さいたま)を迎える。女子で過去に同一シーズンでGPファイナルと四大陸選手権を合わせた3冠を成し遂げた選手は、元世界女王の浅田真央らを含めいない。「世界選手権でも絶対にショートとフリーで完璧な演技をしたい」。銀盤の主役はこの先も譲らない。(鈴木智紘)

★ライオンになれた

 フリーに大技を入れるか悩む教え子の心を見透かしたように、浜田コーチが名作童話「オズの魔法使い」を引き合いに出した。「ライオンが勇気をもらいに旅に出る話をした」と、当日朝のやりとりを明かした。冒頭でトリプルアクセルを決め「どんなハプニングがあっても前を向いてやっていこうと思った」と貴重な経験を手にした紀平に、浜田コーチは演技後「ライオンになれたね」と語り掛けた。

データBOX

 ◎…男女シングルでGPファイナル、四大陸選手権、世界選手権を同一シーズンに制した3冠は、男子で2011-12シーズンのパトリック・チャン(カナダ)だけ。
 ◎…浅田真央は07-08、09-10シーズンに四大陸と世界選手権を制したが、GPファイナルで07年はキム・ヨナ(韓国)に敗れて2位、09年は出場できなかった。12-13シーズンはGPファイナルと四大陸を制したものの、世界選手権は3位。
 ◎…キム・ヨナは08-09シーズンに四大陸と世界選手権を制したが、GPファイナルは浅田に敗れて2位。
 ◎…羽生結弦は13-14、16-17シーズンにGPファイナルと世界選手権を制したが、四大陸で14年は欠場。17年はネーサン・チェン(米国)に敗れて2位だった。

紀平 梨花(きひら・りか)

 2002(平成14)年7月21日生まれ、16歳。兵庫・西宮市出身。16年に国際連盟(ISU)公認のジュニアGPシリーズ第5戦、スロベニア大会で女子史上7人目のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。17年にジュニアGPファイナルで女子では世界初の3回転半-3回転トーループを決めた。17年全日本選手権3位。今季シニアデビューし、GPシリーズは第4戦のNHK杯と第6戦のフランス杯で2連勝。GPファイナルも初出場優勝した。全日本選手権は2位。ネット通信制N高1年。関大KFSC所属。154センチ。

女子フリー結果へ

  • 紀平梨花・フリー得点詳細
  • 紀平梨花・今季成績