2019.2.10 20:16

元プロ王者の高山勝成氏、東京五輪の選考会出場へ アマチュアとして初の試合/BOX

元プロ王者の高山勝成氏、東京五輪の選考会出場へ アマチュアとして初の試合/BOX

 プロボクシングの元ミニマム級世界王者で、2020年東京五輪出場を目指す高山勝成選手(35)=名古屋産大=が、3月に東京都内で予定されているアジア選手権代表選考会でアマチュアとして初の試合に出場することが10日、関係者の話で分かった。昨年10月、日本ボクシング連盟に特例でのアマチュア登録が認められた。

 選考会は日本連盟が選抜したトップ選手によって争われ、プロの実績が評価された高山選手はフライ級に出場する。アジア選手権は4月にタイで行われ、世界選手権(9月・ロシア)の予選を兼ねる。

 国際オリンピック委員会(IOC)は統括団体の国際ボクシング協会(AIBA)の組織運営に問題があるとして五輪準備を凍結しており、6月の総会で実施可否を判断する。