2019.2.9 19:59

小関「負けられなかった」 渡辺相手に意地見せる 200平/競泳

小関「負けられなかった」 渡辺相手に意地見せる 200平/競泳

きららカップの男子200メートル平泳ぎで力泳する小関也朱篤=山口市の山口きらら博記念公園水泳プール

きららカップの男子200メートル平泳ぎで力泳する小関也朱篤=山口市の山口きらら博記念公園水泳プール【拡大】

 競泳のきららカップは9日、山口市の山口きらら博記念公園水泳プールで行われ、男子200メートル平泳ぎは昨年のジャカルタ・アジア大会3冠の小関也朱篤(ミキハウス)と、世界記録保持者の渡辺一平(早大)が今年初めて直接対決し、小関が2分8秒05の大会新記録で優勝した。渡辺は2分8秒16で2位。

 男子200メートル平泳ぎの小関は渡辺との競り合いを僅差で制した。目標の2分7秒前半には届かなかったが、年下のライバルとの今年初対決をものにして「最後の25メートルは脚が沈んで、腕もかなりきつかったが、負けられなかった」と述べた。

 今後は米国で高地合宿し「脚を鍛え上げて、4月の日本選手権に臨む」とキック力の強化に努める。今季の最大の目標は7月の世界選手権。「そこでメダルを取れば、自分の世界での位置を肌で感じられる」と意気込んだ。