2019.2.8 08:41

左手薬指負傷の紀平、SP5位 2連覇狙う坂本が2位 三原8位/フィギュア

左手薬指負傷の紀平、SP5位 2連覇狙う坂本が2位 三原8位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
坂本花織
演技する紀平梨花=アナハイム(共同)

演技する紀平梨花=アナハイム(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・四大陸選手権第1日(7日、米アナハイム)欧州以外の国・地域が参加する大会が開幕。女子ショートプログラム(SP)で、5日に左手薬指を負傷した女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=は68・85点で5位と出遅れた。2連覇を狙う坂本花織(18)が自己ベストの73・36点で2位、三原舞依(19)=ともにシスメックス=は65・15点で8位だった。ブレイディ・テネル(21)=米国=が73・91点で首位発進した。

 厳しい戦いを強いられた。紀平は5日の公式練習中に3回転ルッツで転倒。負傷した左手薬指は「第2関節の亜脱臼」と診断された。アイシングなどで痛みや腫れは引き始めていたが、ジャンプやスピンへの影響は大きかった。

 昨年1月に骨折した箇所と同じだった。ジャンプの際には両拳を胸の前で力強く握って回転軸をつくる。前回痛めたときは数日後にリンクで滑り始めたが、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の練習は約3週間も封印したほどだ。

 薬指と小指をテープで固定しているため、上半身を弓なりにして片足を左手で持つレイバックスピンをスムーズにできるかも不安材料だった。直前まで必死の調整を続けたが、苦しいスタートとなった。

女子SP結果へ

  • 演技する紀平梨花=アナハイム(共同)
  • 演技する紀平梨花=アナハイム(共同)
  • 演技する紀平梨花=アナハイム(共同)
  • 演技する坂本花織=アナハイム(共同)
  • 演技する坂本花織=アナハイム(共同)
  • 演技する坂本花織=アナハイム(共同)
  • 演技する坂本花織=アナハイム(共同)
  • 演技を終え、笑顔の坂本花織=アナハイム(共同)
  • 演技する三原舞依=アナハイム(共同)
  • 演技する三原舞依=アナハイム(共同)