2019.2.8 13:05

木村翔-田中恒成が年間最高試合/BOX

木村翔-田中恒成が年間最高試合/BOX

 2018年のボクシングの年間表彰式が8日、東京都内の東京ドームホテルで行われ、各賞の受賞者が発表された。受賞者は以下の通り

 

 ●最優秀選手賞 井上尚弥(大橋) 4年ぶり2度目

 ●技能賞 田中恒成(畑中) 初

 ●殊勲賞 伊藤雅(伴流) 初

 ●努力・敢闘賞 中谷正義(井岡) 初

 ●KO賞 井上尚弥(大橋) 3年ぶり3度目

 ●新鋭賞 竹迫司登(ワールドスポーツ) 初

 ●年間最高試合 WBO世界フライ級タイトルマッチ(9月24日) 木村翔-田中恒成(畑中)

 ●年間最高試合(世界戦以外) 日本スーパーバンタム級タイトルマッチ(7月27日) 久我勇作(ワタナベ)-和気慎吾(FLARE山上)

 ●女子最優秀選手賞 天海ツナミ(山木) 初

 ●女子年間最高試合 WBO女子世界ミニマム級タイトルマッチ(12月1日) 江畑佳代子(ワタナベ)-多田悦子(真正)

 ●優秀選手賞 井上拓真(大橋)、井上尚弥(大橋)、伊藤雅雪(伴流)、岩佐亮祐(セレス)、亀田和毅(協栄)、京口紘人(ワタナベ)、木村翔(青木)、田中恒成(畑中)、ホルヘ・リナレス(帝拳)、村田諒太(帝拳)、山中竜也(真正)

 ●特別功労賞 山中慎介氏(帝拳)

 ●特別賞 五十嵐俊幸氏(帝拳)、山中竜成氏(真正)、小関桃氏(青木)、柴田直子氏(ワールドスポーツ)、好川菜々氏(堺東ミツキ)、故・手崎弘行氏(レフェリー)