2019.2.5 05:02

元稀勢の荒磯親方、初の稽古指導「みんな現代っ子だから。現代風に」

元稀勢の荒磯親方、初の稽古指導「みんな現代っ子だから。現代風に」

特集:
稀勢の里
親方として初めて稽古に臨んだ荒磯親方(左端)

親方として初めて稽古に臨んだ荒磯親方(左端)【拡大】

 大相撲の元横綱稀勢の里で、田子ノ浦部屋付きとなった荒磯親方(32)が4日、東京・江戸川区の同部屋での稽古に参加。1月の初場所限りで現役引退してから初めて親方として指導した。稽古場の壁に掛かる木札も横綱「稀勢の里」が消えて、親方「荒磯」へ掛けかえられた。

 「みんな強くなってほしい。やる気が出るように、少しでも後押ししていきたい」

 新調した稽古用の白まわしを締めて土俵へ降りた。自身も四股を踏み、器具を使ったトレーニングで汗を流した。「(まわしは)新しいですよ。タイミングよくね」。部屋関係者によると、現役を続けていれば3月の春場所(10日初日、エディオンアリーナ大阪)へ向けた稽古で使うものだったという。

 序ノ口力士にぶつかり稽古での胸の出し方など手本を示しながら、「何度もやっているうちにかたちになる」と丁寧に指導。今後は大関高安の稽古相手も務める意向で「体をつくらないと。けがをしちゃうから」。自身は入門時の師匠、先代鳴戸親方(元横綱隆の里、故人)の厳格な稽古に育てられたが「みんな現代っ子だから。現代風に」と柔軟思考で臨む。 (奧村展也)

  • 親方として初めて指導した元横綱稀勢の里の荒磯親方(左)=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋