2019.2.5 16:32

日本選手権20キロ競歩に高橋、山西らがエントリー/陸上

日本選手権20キロ競歩に高橋、山西らがエントリー/陸上

 日本陸連は5日、日本選手権20キロ競歩(17日・神戸)のエントリー選手として、男子で5連覇を狙う高橋英輝(富士通)らを発表した。昨年のジャカルタ・アジア大会2位の山西利和(愛知製鋼)の他、世界記録保持者の鈴木雄介、リオデジャネイロ五輪代表の松永大介(ともに富士通)も名を連ねた。

 2015年世界選手権50キロ競歩銅メダリストの谷井孝行(自衛隊)は現役最後のレースとなる。

 女子は4連覇中の岡田久美子(ビックカメラ)らがエントリーした。

 今秋にドーハで開かれる世界選手権の代表選考会を兼ねており、日本陸連が定めた派遣設定記録(男子=1時間20分0秒、女子=1時間30分0秒)を突破した優勝者は、代表に決まる。