2019.2.4 10:00

デンソー・山田美花、東北凱旋!「真っ赤な会場が選手の力になった」/東北スポーツ

デンソー・山田美花、東北凱旋!「真っ赤な会場が選手の力になった」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
会場となった宝来屋郡山総合体育館は2150人のファンが訪れ、場内はデンソーを応援する赤色にそまった(撮影・井上幸治)

会場となった宝来屋郡山総合体育館は2150人のファンが訪れ、場内はデンソーを応援する赤色にそまった(撮影・井上幸治)【拡大】

 バレーボール・Vリーグ女子1部、デンソーエアリービーズのリベロ、山田美花(25)=青森・三沢市、宮城・古川学園高出身=が、今月2、3日に福島・郡山市で行われたチーム初のホーム戦に臨んだ。

 「多くの人が見に来て会場を真っ赤にしてくれてうれしかった。温かい人が多く、劣勢のときも声を出してくれた。それが選手の力になった」

 チームで主将を担う精神的支柱は、2日の岡山シーガルズ戦、3日の久光製薬戦ともプレー機会はなかったが、慣れ親しんだ東北への“凱旋(がいせん)”に、改めて熱い思いがこみ上げた。

 2011年3月。高校2年だった山田は、韓国遠征から学校へ戻った直後に東日本大震災に遭遇。「1、2時間到着が遅れていたら、仙台空港で被災していた。あのときの光景は絶対忘れることはない」。バレーを続けられる環境は当たり前ではないと痛感した。

 デンソーに進んでからも「心に留めてやらなきゃいけない。(震災を)体験したVリーガーだからこそ、みせる姿勢は絶対ある」。加入後は高校時代のアタッカーからリベロに転向した。「絶対諦めない、(ボールに)飛び込んでいく姿勢は、今も大事にしている」。東北人としての魂は、今もプレーの大きな礎。これからも強い思いを抱いてボールを追いかける。