2019.2.4 08:27

沙羅が2位、表彰台は今季6度目 W杯女子個人/ジャンプ

沙羅が2位、表彰台は今季6度目 W杯女子個人/ジャンプ

特集:
高梨沙羅
W杯ジャンプ女子個人第13戦で2位になった高梨沙羅=ヒンツェンバッハ(共同)

W杯ジャンプ女子個人第13戦で2位になった高梨沙羅=ヒンツェンバッハ(共同)【拡大】

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は3日、オーストリアのヒンツェンバッハで個人第13戦(ヒルサイズ=HS90メートル)が行われ、高梨沙羅(クラレ)は合計241・2点で2位となった。表彰台は今季6度目で通算93度目。1回目88メートルで3位につけ、2回目は89メートルで順位を一つ上げた。

 マーレン・ルンビ(ノルウェー)が90メートル、88・5メートルの250・8点で5連勝し、今季6勝目、通算19勝目を挙げた。伊藤有希(土屋ホーム)は8位、丸山希(明大)は22位、勢藤優花(北海道ハイテクAC)は26位だった。岩渕香里(北野建設)は1回目32位で2回目に進めなかった。(共同)

  • W杯ジャンプ女子個人第13戦で2位に入った高梨沙羅=ヒンツェンバッハ(共同)
  • W杯ジャンプ女子個人第13戦で2位に入った高梨沙羅=ヒンツェンバッハ(共同)